上司に退職報告。からの、人生勉強。

上司に退職報告。

会社を辞める報告って中々あることではないですよね?いざとなるとどうしたらいいか分からないですよね。

その事について最近私の身に起こったことをお話しします。

残念ながら全く参考にはなりません。

私は理想と現実は違うということを実感しました。

皆さまは参考にしないでね

面白おかしく見てだければ幸いです

理想と現実のGAP

理想

退職予定の1か月前に上司と面談。退職の意思を伝える。
じょじょに引継をしていく。

現実

内定を頂き入社を決めた。

上司に伝える予定までの猶予期間は穏やかに過ごそうと決める。最後まで仕事は真っ当すると決意。

しかし‥。

いつもの様に上司から様々な仕事を指示される(仕事なので当たり前ですよね)

責任のある仕事をどんどんと振られる。重い重い。気持ちがいっぱいいっぱいに‥!

爆発。(ドーン)

上司にね(チーン)。

爆発まではまだいいのだが、最後に退職報告というバクダンをしてしまったのでした。(アチャー)

理想と現実のギャップに苦しみますね。

私はそこまで人間が出来ておりませんでした。

上司の反応

え?
じ、人事決める人には報告しておくよ‥

あっさり終了。

後日改めてお話に行きました。そして無礼な態度をとった事を深く反省し、最後までがんばる旨を伝えました。

あっさりしてたと思ったでしょ?違うよ!びっくりして逆に何も言えなかったんだよ。

反省

申し訳ございませんでした‥。

なんだか振り返るとギャグみたい。

でもバクダンの後はさすがにセンチメンタルになりました。

人生勉強

辞めることが決まっても今の仕事を真っ当する人こそが、真のビジネスマンでしょう。

自分はダメな部分が出てしまいました。

今は心を入れ替え、やるべき事をきちんと取り組もうと思っています。

やはり次の仕事場でもその心は忘れてはいけない‼︎と思いました。

教訓

皆さまにこれは伝えたいです。

目の前のことを真剣に取り組めないやつはデカくなれるハズがない。

自分の為に仕事をしよう。

今からでも遅くない!

コメントを残す